20170208j.jpg
スポンサーサイト
Posted by yumiba
comment:0   trackback:0
[未分類
20170208h.jpg
Posted by yumiba
comment:0   trackback:0
[未分類
20170208i.jpg
Posted by yumiba
comment:0   trackback:0
[未分類
新商品 (^▽^)/
冬はやっぱり甘いものが美味しい季節。ぞくぞくと入荷いたしております。
まずこれ。

ベルガモットのボンボン。
20170208c.jpg

フランス北東部に位置するロレーヌ地方のナンシーで1850年ごろに生まれました。
ナンシーはこの他にも様々なお菓子の発祥地として知られています。
紅茶のアールグレイの香料としても使われているベルガモットとお砂糖だけで作られ、べっこう飴のような色をしています。

私はアールグレイの香りが若いころからすごく好きで、このボンボンを初めて口にしたときは、ほんとに心ワクワクというか・・・うっとりと酔いしれちゃいました。ほんとこれ、素朴だけど大人の飴なの。

そしてコレ!
20170208e.jpg

イチゴのマカロンをイメージでしたチョコレートをリンツが発売いたしましたよ~♪
バニラのマカロンも発売されているのですが、今回はこちらをセレクトいたしました。
バニラ風味のあるお菓子で失敗してからというもの、「バニラ」という響きにやや敏感になっていた感もありまして。。。

どうです、スイーツ好きにはたまらない感じですよね。
ほんとにフランスのリンツは魅惑的なフレーバーを出すんです。
何種かは日本に入ってきていますが、クレーム・ブリュレのフレーバーとか。
でも、すっごくサイズが小さくなっているんです。さみしい・・・。

他の種類もいろいろありますよ。見てるだけで楽しいフランスのチョコ♡
20170208f.jpg
Posted by yumiba
comment:0   trackback:0
[商品について
Coquelicot / コクリコ
この冬は初めて入荷する商品が多いかも。
これはCoquelicot(コクリコ)のボンボン。コクリコ・・・て何?
ジブリのアニメでありましたよね、私見ていないのですけれど「コクリコ坂から」。
20170208b.jpg

Coquelicotとは、フランス語でひなげしの花。
日本では「ポピー」と呼ばれたりしているのではないでしょうか。
赤い可愛らしいお花です。
20170208d.jpg
昔アグネス・チャンのヒット曲でも「ひなげしの花」というのがありましたが。
よく子供たちがモノマネしてましたっけ・・・年代バレ
バレですね。

スミレのボンボンはほぼ定番品で置いていますが、ひなげしは初めて!
でも、これがお子様からご年配の方まで召し上がっていただけるお味なんです♡♡♡

お花のボンボンって、ちょっぴりリッチで幸せな気持ちになります。
あ、でもお高くないのよ。6つで¥100だから♡  
Posted by yumiba
comment:0   trackback:0
[商品について
| HOME | next